イブプロフェンを服用すると症状が悪化? WHO調査に入る【COVID19】 

コロナ治療薬コロナ
コロナ

こんにちはKawasaki-channelです。

「COVID-19に感染している際、服用すると症状が悪化する可能性がある」

フランスの保健省の大臣ベラン氏が、Twitterに投稿したことから波紋を呼んでいます。

現状、どのような状況なのでしょうか。

-PR-

ウイルス対策にSHARP/ダイキン【レンタル空気清浄機¥1900/月~】

WHO調査

WHOは現在、WHOの専門家が調査中とのことですが、コメントとして、

  • 自らの判断でイブプロフェンを使用しないこと
  • アセトアミノフェンを解熱剤として使用するよう

と呼びかけています。

実際、調べたところでは、

「イブプロフェンの副作用の発生がどのくらいの割合で起こるのかは調査していない」

との話もあり、この時期に自己判断で使用するのは非常に危険でしょう。

インフルエンザの禁忌

補足ですが、

インフルエンザに対しては、サリチル酸系、ジクロフェナク、メフェナム酸の成分が含まれる薬は使えません。

これらの成分は、インフルエンザ脳炎、脳症を起こす危険性が指摘されています。

例)

  • アスピリン
  • サリチルアミド

の成分表示がある薬。

アスピリン

処方;バイエルアスピリン、バファリン配合錠等
市販;バファリンA、ケロリンS錠等

サリチルアミド

処方;PL配合顆粒、幼児用PL、ピーエイ配合錠、等
市販;ノースチンA,サンプンラク等

発熱、空咳、鼻水、くしゃみ、倦怠感など、何らかの症状がある場合には、市販薬や手元の薬を服用する前に医療機関を受診することが、自らの命を守るということです。

ピンチの美容師さん必見 -PR-

コメント