九州最南端、開聞岳の麓の温泉に浸りに行く

健康
健康 温泉とサウナ
レジャーセンターかいもん

九州の最南端温泉

JR指宿駅から市バスで45分の所にある温泉施設

レジャーセンターかいもん

ここへ行ってみました。

レジャーセンターかいもん

所在地 〒891-0602 鹿児島県指宿市開聞川尻5401-6

TEL 0993-32-5584

アクセス

JR指宿駅から バスで45分(レジャーセンターかいもん停留所から徒歩スグ)

営業時間 10:00~21:00(受付終了 20:00)

料金 〈入浴料金〉大人(中学生以上):340円 小人(3歳以上):170円

〈全館使用〉大人(中学生以上):570円 小人(3歳以上):280円

※全館使用=温水プール/サウナ/ジャグジーなど

定休日 毎週水曜日(祝祭日は営業し、翌日が定休日)

 

タイプ 内湯:男湯(1箇所)、女湯(1箇所)/ミストサウナ/水風呂

泉質 塩化物泉(ナトリウム塩化物強塩温泉)

泉温等 源泉温度59°C 加水 かけ流し

効能 神経痛/筋肉痛/関節痛/慢性皮膚炎など

備品 ドライヤー

施設設備  鍵付ロッカー/休憩室(1室)/テレビ/売店/自動販売機

駐車場 普通車(40台) 大型車(3台)
※無料

バス停

9:55 「レジャーセンターかいもん」到着。

バス停から歩いて1分ほどで正面入り口に着き、と同時に目の前に開聞岳の雄大な姿が現れます。

その雄姿に誘われて、海岸まででてみると、広い砂浜と東シナ海の眺望が目の前に広がり、思い切り深呼吸をしたい気持ちに。

(本当に「スー・ハー」ってやりましたけど)

開聞岳 浜辺より

しばらく波の音と開聞岳の峰の眺望を満喫してから、今日の目的地「レジャーセンターかいもん」に入ります。

10:00 開館

にもかかわらず、駐車場には、すでに10台以上の車が並び、後から次々に車・バイクがやってきます。かなりの人気なんですねぇ。

しかしながら、皆さんご高齢の方。多分、この時間で来ている客層のなかでは、わたくしが一番若手か。

レジャーセンターかいもん

さて、館内に入ると下足棚があり、履物を適当な場所に収めます。

続いて、フロントの入り口側に、入浴券売機があります。

いくつもの券種があり、ボタンがやよい軒のように並んでいて、

「おや、どれが正解?」

と、ちょっと迷いましたので、フロントの係の方に

「どのチケットを買うのですか?」

と尋ねましたら

「プールとかご利用になられますか?」

との案内。

結局、一番左肩のボタン340円を押し、チケットをフロントに渡して浴室へ。

浴室への入り口

この温泉の泉質はナトリウム塩化物、一般的な泉質です。

成分分析表

脱衣場には、古い型式のロッカーと脱衣かごをもつ棚があり、床は古い簀の子が引き詰めてあります。

浴室に入ると、すぐ左手にミストサウナ室、その横の奥まったところに1畳弱の冷水浴があります。

右手には、シャワー付きの洗い場が壁際に一列で並んでいて、自分で椅子と桶を持っていく古き良き銭湯スタイル。

その対面に温泉浴槽が広がっていて、手前が上がり湯、その奥がバイブラ、寝湯、ジャグジーなど各種。

洗い場占拠

まずは、身を清めるために椅子と桶を持って、空いている洗い場を探しますが、、

どのスポットも、取り置き状態。

めいめいのお風呂セットを置いて、スポットを確保してからサウナ、浴槽へ向かっているのかと思いきや、、

「あれ?サウナ室と浴槽にいる人の人数足しても、洗い場の確保数に満たない」

不思議な光景です。

ま、ともあれ、1か所だけ空いているスポットを見つけましたので、早速。

椅子と桶を片付け、自分の持ってきた温泉セットを浴槽の仕切り壁の上に移動させてから、温泉に浸ります。

お湯の温度

40度前後です。

源泉かけ流し、源泉温度59°C、水を加えて温度を調整しています。

じんわりと温泉のぬくみが来る、それでいてかけ流し独特の鮮烈な爽快感のある、いいお湯です。

寝湯でしばらく温まり、勢いのあるバイブラブロアで背中を癒します。

わずか15分足らずで全身の血行が整い、疲れが抜けてゆきます。

冷水浴槽の向かいにはミストサウナルーム。

さほど広くはなく、源泉に浸っただけでも、汗が噴き出しているので、さっと5分ほど入って冷水浴に2分ほど浸ってから上がります。

脱衣場はひんやりしているにもかかわらず、汗が噴き出してきます。

そのまま、20分ほど汗が引くのを待ち浴室をあとに。

フロントの向かいの廊下を行くと休憩室がありました。

だーれもいない。

浴室を出て右手にはワゴンが置いてあり、その上に地元産と思われるイチゴ、柑橘系のモノ、ブロッコリーが並んでいます。

農産物の直売

イチゴ 1パック  300円 開聞産 大安

ブロッコリー 1個 100円 開聞産 安い

柑橘(名前なんだったっけ・・) 1袋/6 300円 産地不明

f:id:test008:20200104080732j:plain

イチゴをフタパックと柑橘1袋を買って、「レジャーセンターかいもん」を後にしました。

f:id:test008:20200104080946j:plain

謎解き

帰りがけに、休憩ソファに腰を下ろして振り返ると、ガラス貼りの向こうにプールがあって、プールの中でウォーキングを楽しむ方が大勢。

「なるほど、洗い場の不思議な景色は、ここで計算が合うってことね」

と、しきりに納得させられました。

一位のイチゴ

池田湖の湖畔でバッグの中を覗くと、さっき買ったイチゴと柑橘がある。

買ったのをバッチリわすれていたんですねぇ。

で食べましたが、ものすごぉく香りがよく甘みと酸味が絶妙の「イチゴ」というよりも「ベリー・ベリーそんなストロベリー」という感じ、わたくしの苺食歴のなかで味・価格で断トツ1位の

「開門産 イチゴ」

でした。

開聞産ではなく、久右衛門さんのイチゴなら、、、

伊藤久右衛門 宇治抹茶 トリュフ チョコレート ストロベリーチョコ お茶苺さん 限定 いちご箱

観光案内

こんな風景も見ることが、、、

あたりに広がるのは菜の花畑でした。

アクセスはあまりよくありませんが、、、

(2020/01/05)

 さぁ、行こう!サイコウの空旅。

コメント